会社員(今はパート)で主婦でライダーで寝たきりの母の介護をしている、旅行&釣り好きの龍華のつれづれ日記。相棒はINTRUDER800。あー、魚釣りたい。


by ryuka0514
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

りんごちゃんとりんごスコーン

スコーン・スコーン・小池屋スコーン!スコーン・スコーン・小池屋スコーン!!
スコーンと言っても小池屋スコーンではない。
なぜあれがスコーンなのか?こっちが知りたい。
あー、早くも脱線・・・

昨日の単発講座でリンゴの角切り入りのパンと摩り下ろしリンゴ入りのスコーンを作った。
パンの方は、生地にもトッピングにもリンゴを使用。
食べるとほのかな甘みと酸味を感じられる。

スコーンは口当たりはサックサク。
上出来である。
しかし!この味、何か覚えのある味だ!(決して不味くは無い。美味しいよ)
そうそう、小さい頃に食べたような・・・何だろう?
友人に言うと、「あ、そうだよ。食べたことある味だ。何だろう?」
別の友人も「?何だろう、懐かしい味だ~。歯ごたえはマリービスケット?」
結局わからず仕舞い。
どなたか、わかった方がいらっしゃったら教えて欲しいと思うです。

ちょこっとうんちく
スコーンは伝統的なイギリス(スコットランド地方)のお茶菓子。
ビスケットと違い、スコーンそのものには甘みはなく(最近、甘いスコーンが多々あるが、アメリカ式か)、まだほんのり温かいうちに半分にし、切り口のほうにジャムやクロテッドクリームを塗って食べる。
上手に焼きあがったスコーンは「狼の口」と例えられる割れ目がある。
b0018957_10161076.jpg

[PR]
by ryuka0514 | 2006-01-27 10:16 | お菓子・パン