会社員(今はパート)で主婦でライダーで寝たきりの母の介護をしている、旅行&釣り好きの龍華のつれづれ日記。相棒はINTRUDER800。あー、魚釣りたい。


by ryuka0514
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ピロシキの謎

昨日は単発講座。
焼きピロシキとカヌレを作りました・・・って今回は大幅に遅れてしまったので、着いた時にはもう両方とも仕上げ発酵の真っ最中(^^;;)
不覚ぅ~~~~っ!!

んで、「ピロシキ」とは(小さなピローグ)という意味で、ピローグとはパイの事。
ロシアの代表的食品ですね。
中に肉・野菜だろーが、カレーだろうがジャムだろーが、アンコだろ~~~が、何でも入っていればピロシキだそうで・・・要は具入りパンですか(^^;)
日本では揚げたものが主流だけど、ヨーロッパ寄りでは焼いて、シベリア寄りでは揚げるのが多いそうです。

でもなぜ、春雨入りなんでしょうねぇ??幼少の事からの謎です。
先生に質問したけど「うーん?」でした。
気になったので調べてみたら、モンゴルに近い方には春雨入りが存在するらしい。
多分、モンゴル→中国→日本って伝わったのでは???
あくまでも龍華説ですので、本気にしないように(^^;)
でも具は何入れたってピロシキなんだから、春雨もOK!って事で。

カヌレは・・・初めて食べた時は「なんじゃこりゃーーー!!」ってぐらい不味かった覚えが・・・
で、あんまり、いえ、ちっとも、いえいえ、これっぽっちも良い印象はなかったのですが・・・
美味いじゃないですかーーーーー!!
外はかりっかり、中とろ~り♪またプリン型で焼いているから大きいし♪♪
で、なんでこんなに雲泥の差かなと思ったら・・・蜜蝋とバターの違いでしょうかねぇ、多分。
初めて食べたのはきっと蜜蝋を使っていたに違いない!←本格的
色んなレシピを見てみても、蜜蝋を使うのは殆どなく、バターを使ってますね。
入手が簡単だし、美味しいし(^^;)
(蜜蝋は美味しくないときっぱり書いてある所も)

教室に通うようになって、売っているのより美味しい!は結構あったけど、目から鱗は初めてでした!

【うんちく】
カヌレ(フランス)
蜜蝋(蜜ロウ)のつやのある深い焼き色や香ばしさと生地のやや固い弾力性のある食感が特徴。フランスのボルドー地方に伝わるお菓子。16世紀初めから18世紀初めころまで、女子修道院で作られ、その中でだけ食べていたと言われています。
語義は「溝のついた」の意があり、形状から付いた名前。別の説によると(カーヌ)には「つえ」の意があり、このお菓子の原形は棒状であったのではないかともいわれています。
型に入れて焼くときに蜜ろうを使いますが、これも修道院で入手しやすい材料として昔から蜜ろうが使われてきたという伝統を受け継いでいるからです。
b0018957_1181233.jpg


こっちの方が一般的?
b0018957_1182763.jpg

[PR]
by ryuka0514 | 2006-04-26 11:11 | お菓子・パン