会社員(今はパート)で主婦でライダーで寝たきりの母の介護をしている、旅行&釣り好きの龍華のつれづれ日記。相棒はINTRUDER800。あー、魚釣りたい。


by ryuka0514
カレンダー

2006年 10月 25日 ( 1 )

Excite エキサイト : 社会ニュース
申立書などによると、岡本さんは2000年から札幌市東区の会社に勤務。10人以上の社員が自分の席で喫煙していた。02年に喫煙場所が設けられたが、密閉されておらず受動喫煙を強いられ続けた。04年、東京の病院で化学物質過敏症と診断され、休職。

ただただ、羨ましいっす(認められて、って意味ね)・・・・って、いくらお金を積まれても、病気が治らないんじゃぁ意味が無いんだけどね。
しかも職も失って80万ぽっち。これがアメリカなら億単位だろうに・・・・

私も今の会社での受動喫煙で、5年ぐらい前から「喘息」を患ってます。
(化学物質過敏症も入ってる)
完全分煙にしろと役員に攻め寄ったのですが、結局、出入り口の近くに大型の空気清浄機を置いてパーテーションで喫煙場所を区切っただけ。
あのー・・・・・「分煙」の意味、ご存知ですかぁ?状態。
喫煙場所を密封していないので、煙が漏れる漏れる。
会社のドアを開けた途端、咳き込むぐらいですよ(--)
社内の一番奥のスペースに席のある私は、煙る中を通って自分の席に行かなくてはなりません。
では「分煙」したらOKなの?と言うと、実はそうではないのです。
喫煙スペースから戻ってきた人に付いてきたタバコの臭い・口臭でも発作が起きるのです、これが・・・・・(--;)
体調の悪い時は、同じスペースに喫煙者が1人いるだけでもダメな状態です。
「うちの会社は完全禁煙だよ。オフィスの外に喫煙スペースがあるから。そういう会社に転職すれば?」
いえいえ、上に書いたとおり、例えタバコを吸ってない喫煙者が隣にいても、ダメなときはダメなんです。その人が呼吸する度に、肺から臭気(と呼ぼう)が出てくるから。

ちなみに発作を起こしていない月の診察料・薬代は毎月約6,000円。
これだけでも、5年で36万。
冬には週2・3回のペースで気管支拡張剤の点滴をするから、治療代は跳ね上がります。
実際、2万を超えた月も多々ありました。
心身的・経済的にもとても負担になっています。

ですから、禁煙者にはタバコの害を(『俺は肺がんになったって良いんだ』と言う人がいますが、大間違いです。あなただけの問題なら、社会問題にはなりません)、公共機関や店舗には本当の「分煙」を理解・実行して欲しいと思います。


飲食店などに受動喫煙防止ステッカー・県キャンペーン
がんばってくれ!!

化学物質過敏症支援センター
[PR]
by ryuka0514 | 2006-10-25 15:54 | exciteニュース他