会社員(今はパート)で主婦でライダーで寝たきりの母の介護をしている、旅行&釣り好きの龍華のつれづれ日記。相棒はINTRUDER800。あー、魚釣りたい。


by ryuka0514
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:旅行(殆どが南の島)( 45 )

2013年夏、久々に独身時代に一緒によく旅行に行っていた友人に連絡を。
彼女は旦那様が海外単身赴任中で。
「沖縄に青の洞窟があるんだけど。んで、大人の隠れ家リゾートに泊って美ら海も見に行かない?」
と。
彼女も大喜びの二つ返事。
・・・・で。
一年ぶりに人気のない所でまったりと、一年分のストレスを青い空と青い海で浄化できるな~と思っていたら、小学生の娘さんの意向でリザンシーパークホテル谷茶ベイに(^^;)
私の大の苦手な巨大リゾートやん・・・・。
そんなこんなで幕を開けた2013年の夏休み。

学校が夏休みに突入したばかり、旅行は安いうちに行け!とばかりに、家族連れを乗せたバスが次々とホテルに到着。
どこを見渡しても、人・人・人。
そんな中、結構待たされて部屋へ案内され。
まぁ、部屋は良いです、海が良く見えます。
でも、海に沢山の遊具が浮かんでます。
ビーチも人がいっぱい、海と砂浜の色が違ったら江ノ島と変わらないです。
結局、人の多さにうんざりして、ホテルのビーチでは泳ぎませんでした。
この写真は、ビーチのちょっと外れを撮ったもの。
b0018957_20232182.jpg


午後の沖縄美ら海水族館は友人が気を利かせてくれて、別行動に。
尾びれをブリジストンに作ってもらったフジや
b0018957_2041598.jpg

ウバザメ等々。
b0018957_2043525.jpg

b0018957_2043317.jpg

b0018957_2044422.jpg

b0018957_204511.jpg

b0018957_20451658.jpg

ジンベイザメも近くて見たかったんだけどなー
b0018957_20442387.jpg


2日目、青の洞窟へはカヤックツアーに参加して行くことに。
「まだマシな方ですよ~」と言われつつ、水面はシュノーケリングツアー客、水中はダイバーで渋滞してて、止まらないでと言われちゃうくらい。
自分で撮ると、青の洞窟じゃなく、ただの暗い洞窟でした。
b0018957_20272599.jpg

が。
流石、プロ。押さえてます。
b0018957_2028486.jpg

水中はシュノーケラーとダイバーから逃げ惑う幼魚の群れが沢山いました。
b0018957_21444466.jpg

あっと言う間に洞窟は終わってしまい、あとは洞窟のその外で餌付&シュノーケリング。
b0018957_20325838.jpg

しかし、ここで悲劇が。
カヤックツアーで、必ずウエットスーツを着て下さい、と。
全身、じんましんが出ちゃった・・・・・。
ホテルで持って行ったステロイドを塗り塗り塗り・・・・。

3日目は写真無し。
この日も別行動で、私は釣り船チャーター。
東京から何度か問い合わせの電話を。
「マグロ釣りたいんですけど、HPには初心者OKって書いてありますけど、良いですか。」と。
「大丈夫ですよ~」との事なので、一人で船を貸し切りにして貰い←結構なお値段。
で、当日私を待っていたのはカンパチのジギング船。
しかも、船長30分以上遅刻。
しかも、「俺はコマセやらないんだけどどうしてもって言うからさー、昨日乗せてそのままなんだよね、こんなに汚してさー、掃除するから待ってて。」
しかも「え、あんた初心者?やったこと無いの?俺は初心者は乗せないよ」
しかも「頑張れば釣れると思ってんの?そんな安っぽい釣りじゃないんだよ、これだから初心者は」
・・・・・ならば金返せ。すぐに他の船を手配しろ。
そんなこんなで嫌だなと思いつつ出港、「こんな感じ」と簡易なレクチャーの後、ポイントを何度も移動して。
「これ、釣れ過ぎてつまらないからって前にお客さんがくれたんだよね」と、用意されたのは店頭でもなかなか見かけない、かーなーりー重いメタルジグ。
それを「水深80m」って、船長?今150メートル出てますよ?潮の流れ早いんじゃないの?と思いつつ、何度も何度もしゃくり続け。
ついにヒット!!
「えー!?あんなぬるいしゃくりで食うかぁ?」って、どこまでバカにするのさと心の中で思いつつ。
魚体が見え、あともうひと頑張りって時に、船の下に潜られました。
「あー、いいよいいよ一休みしなよ」・・・・・え?!ライン切られるじゃん!
・・・・って、本当に切られました(--メ)
「えー!あれ、一個しかなかったのに!良く釣れるのに!もう廃番で手に入らないのに!」
それから、港に着いて船を降りてからもずっと言われ続け。
・・・・もう、なんだかなぁ!こっちだって怒りたいよ!
散々でした。

最終日は、ホテルの近くのガラス工房でコップ作りしてから帰途へ。
リフレッシュするつもりが、何か疲れた、ずれっぱなしの旅行に。
そうそう、後で釣り師の知人にこの話をしたら、「カンパチは僕らがやるディープな釣りですよ・・・」と言われました。

[PR]
by ryuka0514 | 2016-01-02 20:58 | 旅行(殆どが南の島)
何度行ってもセブ島はいーね!
海は綺麗だわ、直行便で5時間だわ、ご飯の心配もいらないわ、サイコー♪

さてさて。
セブ島に行ったのは2012年8月25~29日。
たった5日だけど、近いし綺麗で十分楽しめます。
今回泊った所はアレグレビーチリゾート
行った時は改装中でしたが、何と、台風の被害で2014年9月から休業しているとの事。
早く再開して欲しいものです(>_<)

空港から車で1時間半位、お部屋は広くて綺麗です。
b0018957_18472834.jpg
b0018957_18474413.jpg

b0018957_18543925.jpg

プールもあります。
高台に建っているので、ビーチまでは階段。
コテージはこの建物の更に上。デブ泣かせ(^^;)
b0018957_1851261.jpg


ホテルのビーチは砂も海も綺麗!
至る所にいろんな種類のクマノミが。
水深5m位の所に大きな岩があって、流れが速くてシュノーケリングの私には、ウミウシの写真が撮れなかったのが悔しい!
因みに、デジカメを海中モードにしなかったから、ぼんやりとした画像になってます・・・・(T-T)
b0018957_1855771.jpg

b0018957_1856538.jpg

b0018957_18564852.jpg
b0018957_1857372.jpg
b0018957_18571625.jpg
b0018957_18573567.jpg
b0018957_18582331.jpg
b0018957_18583923.jpg
b0018957_18585346.jpg
b0018957_18592434.jpg
b0018957_18593694.jpg

なーんかボラが跳ねてると思ったら、コバンザメにくっ付かれて嫌がってたみたい・・・

ホテル主催の無人島ツアー。
ランチはコースとサンドウィッチが選べて、我が家はサンドウィッチ。
朝ご飯をしっかり食べたので、これで十分でした。
b0018957_1974759.jpg

b0018957_198345.jpg

b0018957_1964763.jpg
b0018957_197022.jpg

b0018957_1982850.jpg

b0018957_1931175.jpg

b0018957_1936253.jpg

b0018957_19101212.jpg

ここも大変素敵!!

とても快適で綺麗で美味しくて楽しめたけど、ホテル・無人島共にオニヒトデが結構いました。
b0018957_19365329.jpg

次に行く時には減ってる事を祈ります。
頑張ってホテル再開してね!!
[PR]
by ryuka0514 | 2015-09-20 19:14 | 旅行(殆どが南の島)

八丈島

あれ?今年も八丈島に行ったの?と思ったあなた。
大間違いです。
行ったのは2011年7月なのです。

昨年、国内と言うこともあって、携帯からぽちぽちとブログ更新してたからいいかなー・・・どうしようかなー・・・なんて思っていたら1年経ってしまったのですよ(ーー;)
でもやっぱりあげとかなきゃかな。

b0018957_0554362.jpg

かつて、生産量日本一の乳牛いたそうな。

b0018957_037589.jpg

b0018957_0373613.jpg

トンボと飛行機。釣り具の名前です。
これを船で引くと水面で跳ねて、小魚と間違えたカツオやらが食いつく訳です。

b0018957_0354469.jpg

b0018957_030625.jpg

2日とも大漁爆釣!
これでも、おすそ分け後。
釣り店の方から、「釣りじゃなくて漁をしに来たの?」と(^^;)
釣った魚は4種類。
カツオ・スマ・サバ・ツムブリ
・・・・・・・えーと・・・・・キハダマグロ、バラしました///orz///ズゥゥゥゥン
b0018957_0304720.jpg

大体4~6kgぐらい

b0018957_0314724.jpg

b0018957_032133.jpg

スマづくし。
刺身・卵の煮つけ・煮つけ・カマ焼き・寿司・お吸い物。
煮つけ、絶品!!!

b0018957_0411612.jpg

b0018957_0385945.jpg

ホテルの目の前に港がありまして、その港内が底土海水浴場です。
音楽が流れてたり、海の家があったり、昔懐かし昭和のにほひ。
ビーチは黒砂、海の中は岩場とサンゴのミックス。
b0018957_0395631.jpg

自衛隊の船が停まってました。2日ぐらいいたかな?

b0018957_044485.jpg

b0018957_0442577.jpg

b0018957_0444734.jpg

温泉は数か所あります。
海水浴場の他にもプールがあるのですが・・・・プールの壁のすぐ横は、太平洋!!荒波!!

b0018957_0461190.jpg

TEPCOの八丈島地熱館。
とても楽しみにしていたのに、地震の関係で休館中でした。
石原都知事は国内でも珍しいから休館するなと言ったんですけどねぇ・・・・
b0018957_0483427.jpg

b0018957_0483568.jpg

b0018957_049726.jpg

隣の植物園ではパパイヤ・マンゴー・カカオが生ってましたよ(^^)

b0018957_0495788.jpg

眺めの良い喫茶店。
八丈島へお越しの際は、是非。

b0018957_0511111.jpg

洞輪沢港
b0018957_0514758.jpg

特別攻撃艇「震洋」の碑

ここ、展望台の真下、八丈町洞輪沢と石積の地は、太平洋戦争が風雲急を告げる昭和二十年三月、八丈島防衛に備え、海軍の特攻兵器震洋艇五十隻と、祖国の礎たらんと自ら志願した部隊長吉田義彦大尉以下百八十九名の隊員が、民家に分宿し、末吉区民及び海陸軍部隊の熱烈な支援を受けながら、一艇一艦体当りの肉弾攻撃敢行を決意し、日夜猛訓練に励み過した第十六震洋特別攻撃隊の基地跡である。
第十六震洋特別攻撃隊は、昭和十九年九月横須賀海軍水雷学校において編成され、搭乗員五十三名は、海軍兵学校、兵科予備学生、特攻術准士官、飛行予科練習生(若冠十七-十八歳)、出身の精鋭であり、整備隊員、基地隊員には歴戦のベテラン隊員百三十六名が配された部隊である。
震洋艇とは、長さ五メートルの木製モーターボートの艇首に二百五十瓩の炸薬を搭載し、敵艦船に高速で体当りし、搭乗員自らも爆死するという特攻兵器であり、当時の海軍はこの震洋特別攻撃隊に限りなき期待を寄せていた。
昭和十九年十一月第十六震洋特別攻撃隊に、小笠原諸島母島への出撃命令が下り、基地準備隊員は直ちに出発したが、輸送船寿山丸は父島沖で敵潜水艦の魚雷攻撃を受けて沈没、先発隊員五十七名が戦死した。
部隊再編成のあと、こんどは硫黄島への出撃命令が下ったが、同島は敵上陸作戦中の大激戦地であり出撃中止となった。そして昭和二十年三月本土決戦最初の砦と言われた八丈島に布陣したのである。
しかし、昭和二十年八月十五日終戦の詔勅が下り、ここに、熱い、長い、太平洋戦争が終結したのである。あれから数えて四十一年の歳月が流れた、日本はいま驚異的な経済成長を遂げ、自由と平和の民主国家として栄えている。
赤道より、フイリッピン、台湾、日本の太平洋岸を経て、この展望台眼下を通り、アメリカにまで流れている海の中の川・黒潮、その黒潮に思いを馳せる時、かつて祖国に殉じた数多の兵士が、戦争の犠牲者が彷彿として偲ばれるのである。この碑に、当時の戦歴を刻み、戦死した友の霊を奉祭し、心から悠久の平和を祈願するものである。
昭和六十一年十月 震洋八丈会建之

[PR]
by ryuka0514 | 2012-08-25 01:18 | 旅行(殆どが南の島)

食べたー!(夫が)

b0018957_14242659.jpg

煮付け、うんまうまでした!
[PR]
by ryuka0514 | 2011-07-28 14:24 | 旅行(殆どが南の島)

南原千畳岩海岸

b0018957_16253241.jpg

b0018957_16253238.jpg

b0018957_16253290.jpg

八丈富士が噴火して、溶岩が海に流れ込んだのだな
[PR]
by ryuka0514 | 2011-07-27 16:25 | 旅行(殆どが南の島)

ふれあい牧場

b0018957_16133957.jpg

霧の中から牛
[PR]
by ryuka0514 | 2011-07-27 16:13 | 旅行(殆どが南の島)

八丈富士

b0018957_9291973.jpg

すんげーガスってます
寒いです(´Д`)
[PR]
by ryuka0514 | 2011-07-27 09:29 | 旅行(殆どが南の島)

小さいのだ

b0018957_8403889.jpg

[PR]
by ryuka0514 | 2011-07-27 08:40 | 旅行(殆どが南の島)

失念の奄美大島 その4

多分、タイトルが悪かったんだと思う。
うん、だから旅行から1年たってUPする羽目になったんだな、きっと。と言う事にする。

最終日はレンタカーで動く事に。
長雨の影響で土砂崩れで通行止めの道もあり、地図にしっかり載っている国道(県道?)を選んで動く様にして。

まず向かったのは、予約が取れなかったプチリゾート ネイティブシー奄美
ここは、ホテルの前の海でサンゴ&熱帯魚が見られるそうです。
b0018957_14511747.jpg

高台の駐車場から見下ろす

b0018957_14515344.jpg

ビーチに降りて

ここ、ホテルからビーチまで階段or道路でぐるっと。
階段は、傾斜のきついのを50段ぐらいかなぁ?
サーフィンをしていた方々は、ホテルまで車を使っていました。
そっちの方が、楽(^^;)


次に向かったのはタラソ 奄美の竜宮
坂を下って行くと、絶景。
b0018957_1564422.jpg


レストランがあるので、ここで食べようとしたのだけど、薬膳だハーブだと、私の食べられない物ばかりで、断念。
食べずに隣にある奄美海洋展示館へ。
入ってすぐ、大きな水槽が。
一家に一台欲しいよねぇ(^^) んで、暑い日はここに浸かるんだ~♪
b0018957_1582069.jpg


さて、ここではカメの子供に餌付ができます。ちなみに餌はレタス。
いるのはアカウミガメとアオウミガメ。
b0018957_15105981.jpg

アカは動物食の強い雑食。

b0018957_15114124.jpg

アオは植物食傾向の強い雑食。

クジラの骨もあり~。これは漂流物。
b0018957_15132852.jpg


イッテQで一躍人気者(?)になったオオイカリナマコのマコちゃん。
TVでは「日本の水族館で展示しているところはほとんどない!」と紹介されてますが、ここにはちゃんといます。
b0018957_15175458.jpg


友達(?)のクレナイオオイカリナマコ
b0018957_15185043.jpg


他、漂流物の展示、映像体験ホールもあり、小さいながら楽しめました(^^)

ここの海もまた、良し!
b0018957_15211076.jpg



そのあと、車で街に戻り、ファミレスへ。
やっと(私の)普通のご飯にありつけました。
日本の南の海、やはり売りは魚介ですからねぇ。
ハンバーグやパスタが嬉しい私でした(--;)

その後、「石窯のパン屋」でパンを買ったり、ホームセンターを見つけ突撃したり、お土産を買ったり、別のビーチを見に行ったり。
時間が余ったので奄美きょら海工房でお茶。
すっごく良い感じ♪1日過ごせそう。店の人には嫌がられるけど(^^;)
b0018957_1536897.jpg

b0018957_15362478.jpg


その後、空港でレンタカーを返し、羽田で魚を受け取り、リムジンバスで新宿へ。
荷物がある時は、リムジンバスがお勧めです。

さて、それから夫に魚を捌いてもらって、1匹は昆布締めに、もう1匹はポン酢でしゃぶしゃぶ用に。
翌日の夕飯に夫の胃袋へ。
上品な甘みのある、うまうまな魚だったそうです。


太平洋と東シナ海を両方楽しめる、奄美大島。
また行きたいですね~。
奄美大島観光インフォメーション
[PR]
by ryuka0514 | 2011-07-04 15:42 | 旅行(殆どが南の島)

失念の奄美大島 その3

さて3日目。
奄美大島は釣りでも有名で、HPを探すと結構釣り船が見つかるのですよ。
んでもって、「乗合い1名様でもOK!初心者OK!お気軽にお電話下さい!」なーんて書いてあるけど、数ヶ所電話したところ「ウチは6ヶ月先まで予約一杯だよ」とか何とか、立て続けに断られたんだな、これが(--)
今の時期、釣り客が多くてチャーターになっちゃうんですね。
今までは、ホテルのレセプションで「明日釣りしたいー!」と言えばちゃんと用意してくれてたから、てっきり国内もそーゆーモンだと。
あ~、釣割でもっとちゃんと調べとけばよかったよ~(T^T)

で、ホテルで紹介してくれた第三大黒に電話して、色々と交渉。
基本は4時間・乗り合いで5名以上だけれど、その分の料金も出すなら貸切で船を出してくれる事に。
船はヤマハDY-57 全長約18m 最大幅約4メートル 9.7トン。
トイレも完備で屋根も付いてて、綺麗で快適♪
海外だとトイレなしの船で1日とか、辛いからねー(^^;)
貸切だし、竿代込みで¥35,000.-は安い方に入るかな。
あ、ちなみにカードは使えませんでした。いつもにこにこ現金払いです。

さて。
この日は大潮だったので、午後からの釣行に。
タクシーで港まで行って、早速船に乗り込んで。
絶好の釣り日和です♪
b0018957_1363183.jpg

でも、ちょっぴり私は不機嫌で。
だ~~ってサビキだって言うんだもん(--)
まー、確かに何が釣りたいか聞かれて、初心者よろしく「大きい魚」って答えましたよ。
別に、マグロでもカツオでもシイラでもGTでもバラクーダでもサメでも何でも良いのですよ、大きけりゃ。私は。
んでもって、ジギングとかトローリングは高くてちと手がでないからサビキでOKしましたよ?
でも折角こんなに良い海に出るのに、大物狙わずにどーするよ?!って気持ちで一杯で。
まぁ、釣竿握ったらそんなもやもやもどこかに行ってしまいましたが。

ポイントに着いて船長が竿をセッティング。
針は小指の爪サイズが3つ。餌はイカの切り身。いわゆるカゴは無し。
オモリは胴突きで、潮の流れがかなり早いそうで私のはかなり重めだった。(しかも夫のより)
水深30mぐらいの所で釣り始めたけど、何度棚を変えても私も夫もバンバンとメガネハギやらアカモンガラやらツマジロモンガラクロモンガラを釣るので「他の魚はいないのか~?!」状態に(^^;)

ああ、これが噂に聞くエサ取り名人ハギの猛攻か・・・・などと思いつつ、今度は水深80mのポイント移動。フエダイ・ハタ狙いに。
船長さんが「奥さん上手いですね。結構釣りをなさってるみたいだし、もっと良い仕掛けにすれば良かったなぁ」としきりに申し訳無さそうにしてましたが、まぁ、予算にも限度がありますしね、それは言わない約束よ、と(^^;)
しかし、ポイントを変えてもらったのにも係わらず、夫も私も釣るのはハギさんご一行。
しかもこいつら、釣られるとググッググッと文句言うのですよ(--)
でも私にやっと念願の1匹が。
b0018957_220557.jpg

24cmのアカハタです(^^)
獲ったどー!
高級魚、獲ったどーー!!


そしてまたポイントを変えて。
船長が水深100mとアナウンス。
でも潮の流れが速いからか、私のラインは130m出ましたよ。
ひーこらひーこら巻き上げましたよ。
で、ここで私に2回目のヒットが。
b0018957_23052100.jpg

38cmのオジロバラハタです。ふふ~ん♪
獲ったどー!
高級魚、獲ったどーー!!

小さいけどね。サビキだから。

夫は相変わらずハギさんご一行を相手にしてましたが、「うわっ!」との声に振り向くと、夫の竿先は既に水面下で、次の瞬間ラインブレイク。
ん~、多分、60cmぐらいのハタですかね?なんせサビキですから。
なーんて思ってたら、私もガッツリと2度切られまして。
1回目は掛かった瞬間に持ってかれて、2回目は巻き上げ中。
針食いちぎって逃げやがったー!
いくらサビキだからでかいのは釣れないとわかっていても、悔しいのはやっぱり悔しい(T^T)
夫も何度か切られてました。
それからまたハギの猛攻に遭い、終了時間になってしまいました。

陸に戻り、船長さんから「どの魚持って行く?」と聞かれ。
ああ、国内だから魚お持ち帰りできるのねー!
んでは、ハタ2匹で。
もうPM5:00を回っていたので宅配便は間に合わず、明日の飛行機に手荷物として持ち込む事にしたのでした。

やっぱ釣りは楽しいね~(^^)
[PR]
by ryuka0514 | 2010-08-09 01:28 | 旅行(殆どが南の島)