会社員(今はパート)で主婦でライダーで寝たきりの母の介護をしている、旅行&釣り好きの龍華のつれづれ日記。相棒はINTRUDER800。あー、魚釣りたい。


by ryuka0514
カレンダー

<   2006年 02月 ( 48 )   > この月の画像一覧

ハムナプトラ

↑っちゅー映画を先日TVで見たですよ。

主人公リック役のブレンダン・フレイザー、のりんごさんに似てるなーとか思いながら。
夫もそう申しておりました。うんうん。
[PR]
by ryuka0514 | 2006-02-28 15:45 | その他
船橋市のパンのテーマパーク「東京パン屋ストリート」で、食パン約8500枚を使った世界最大のモザイク壁画が完成した。近くギネスワールドレコードに登録申請する(24日、千葉県)

パンのテーマパークですか!
まだ行った事ないですよ~(^^;)
行った事あるのは横浜中華街の「横浜大世界」と「カレー博物館」だけだ~。
なんか苦手なんです、こーゆーの。なぜ?

大阪で開催された花博、外に展示されていた鉢物はぜーんぶ持って行かれてしまったそうだけど、・・・これ、食っちゃって良いですか?
あ、ダメ。ハイ、そうですか。
b0018957_1302368.jpg

[PR]
by ryuka0514 | 2006-02-28 13:03 | お菓子・パン

びっくりみかん

昨日は「びっくりみかん」と「マンダリーノ・エ・クレーム」(だったと思う)を作りました。

びっくりの方は、皮の剥けるパンです。
仕込水にミカン果汁を使い、生地にミカンの皮のシロップ煮を刻んで入れてあります。
皮の部分はカリッと、ミカンの部分は柔らかくほんのりオレンジ色で甘酸っぱい良い香り。
なかなかの美味です(^^)

もう1つの方も生地は一緒。
ミカン果汁を入れたカスタードクリームを絞り、ミカンスライスを乗せて焼き上げました。
ミカンフレーバーのカスタードクリーム、新しい味発見だぁ(^^)/
うま~♪

パンを焼くのが楽しみで仕方ない、今日この頃です♪
b0018957_11234616.jpg
b0018957_1122595.jpg
[PR]
by ryuka0514 | 2006-02-24 11:23 | お菓子・パン
だそうです。
でも私は違うと思うなぁ。

ジャンプだったと思うんだけど、日本の応援団の中に、金色に輝く大仏様がいらっしゃったではありませんか!
チョンマゲ、ではなく大仏。
歴史と品位を感じますよ~(?)
も1回、映らないかな?

はっ!もしかして、大仏様を被っていたのはおじさんではなく、おばさんだとか!?
b0018957_11325917.jpg

[PR]
by ryuka0514 | 2006-02-22 11:34 | exciteニュース他
季節、老若男女問わずの裸足愛好家の国 | Excite エキサイト

何年か前に9日間ほど、モルディブのマクヌドゥ・アイランドに滞在した事があります。
南の島は大好きなので、色んな所に結構な回数行ってますが、フロント&レストランの床が砂だったのはここが初めてでした。
最初はへぇ~って思ってサンダルを履いていましたが、他の外人客を見習い裸足にトライ、最初は「痛い・・・いたたたた・・・」でしたが、慣れると気持ち良いではありませんか!
確かに日の当たるビーチの砂は暑くてじっとしていられないけど、日陰の砂は、「あ~、いいね♪」って感じ。
結局最終日まで裸足でいたので、靴を履いた時に凄く違和感と窮屈感がありました。
でも流石に熱いアスファルトは無理だなぁ。
足の皮、厚くないし。

・・・もしかして、ニュージーランドの人は、実は水虫な人が多いんだろうか?!
だから靴を履かないとか?
(ニュージーランドの人、ごめんなさい)
[PR]
by ryuka0514 | 2006-02-22 11:26 | exciteニュース他
CMで話題の「NUDA(ヌューダ)」のヌュってなんて読むの? | Excite エキサイト

バャリースと一緒だね!


うんちく
果実を搾り果汁飲料とする試みは古くから存在したが、変質が早く保存には適さなかった。原因は長い間謎であったが、1860年にフランスのパスツールが食品の腐敗は食品中の微生物の活動によって発生することが発見され、微生物の殺菌方法についていろいろな方法が考案された。
 1938年にアメリカのフランク・バヤリーが果汁の風味や香りを損なわず保存性を良くする果汁飲料の殺菌法を発明し、バヤリーの製法による飲料ということで「バヤリース (Bire-ley's)」と名付けられた。
日本においては第二次世界大戦後に進駐軍と共に上陸したが、当時の日本は清涼飲料水の混濁、沈殿物を内務省令(清涼飲料水営業取締規則)で許していなかったため、国内での販売はできなかった。
 しかし、1947年(昭和22年)に同省令を改正、食品衛生法が制定され、原材料に起因する混濁や沈殿物が認められ、人工甘味料、合成保存料の使用も認められたため、1951年(昭和26年)、原料ベースを輸入して日本でのバャリースオレンヂの製造販売が開始された。当時は砂糖が貴重な時代であったにもかかわらず、人工甘味料を使用していなかったため、公園や動物園など空き瓶の集まる所では、バヤリースにだけ蟻が群がったという逸話もある。

 その後、種々なメーカーで果汁入り飲料の製造が開始され、そのほとんどが「××ジュース」という商品名を付けていた。例えば麒麟麦酒では「キリンジュース」、サッポロビール(当時日本麦酒)では「リボンジュース」など。しかし、バヤリースは「100%果汁でなければ『ジュース』と言えない」ということで、頑に「ジュース」の名称を使用しなかった。
 その後、1962年(昭和37年)に「不当景品及び不当表示防止法」が成立、清涼飲料関係で天然果汁を使用していないのに紛らわしい名称や表示を用いていた商品は1968年(昭和43年)に排除命令を受け、「ジュース」の名称は100%果汁以外使用禁止という業界決定がなされた。そのため、前述のように100%果汁でないにもかかわらず「ジュース」の名称を使用していた果汁入り清涼飲料は名称を変更せざるを得なかったが、バヤリースについては、名称変更の必要が無かったのであった。

[PR]
by ryuka0514 | 2006-02-22 11:15 | exciteニュース他

舌を噛みそうな

昨日はケーキの日。
ルーレ・ア・ラ・カルディナールとガトー・オ・ポンム・エ・ジャンジャンブルを作りました。

ルーレとはロールケーキの事、カルディナールはカトリックの枢機卿のマントの事だそうで。
なんじゃこりゃ?
ふわ~ふわ~としたロールケーキのラインがマントみたいだからかな?
中の赤いのはシロップ漬けのチェリーです。

もう1つのガトー・オ・ポンム・エ・ジャンジャンブル、ポンムはリンゴ、ジャンジャンブルはジンジャー、つまりショウガです。
ジャンジャンブル・・・ジャンジャンブル・・・なんか楽しい響きだ♪
要は砂糖漬けのショウガとリンゴ入りバターケーキですね。

実は私、ショウガは天敵でして・・・作ってる最中から ぅお~ って感じでしたが、食べてみて悶絶。
先生、焼いたらショウガの味は殆どしなくなるって言ったじゃないですかー(T^T)
友人はこの砂糖漬けショウガ、美味しいと言って1袋買って帰りました。
多分、他の人にとっては美味しいケーキなんでしょうね(^^;)
b0018957_939968.jpg

[PR]
by ryuka0514 | 2006-02-21 09:39 | お菓子・パン
<ストーリー>
チャーリー・バケット少年の家はそれはそれは貧乏でしたが、家族みんなで仲良く暮らしていました。そんな少年の家の近くには、誰も人が出入りしてるのを見た事がないのに大人気の「ウォンカチョコレート」が毎日世界中に出荷されてる、ウォンカ氏の謎のチョコレート工場がありました。
ある日その工場がついに公開されるというニュースが世界中を駆け巡ります。が、中に入れるのは、世界中でたった5人の“ゴールデン・チケット”の当選者だけ・・・。当選者たちが次々と発表され、残りのチケットはあと1枚。誕生日にしかチョコレートを買ってもらえない貧乏なチャーリーが当選する可能性は、とてもとても低いものでした。ところが幸運が舞い込み、最後の1枚がチャーリーの手元に!そしていよいよ工場見学の日、当選者たちを出迎えたのは伝説の工場主、ウィリー・ウォンカその人でした。風変わりな身なりをしたウォンカ氏に導かれ始まった工場見学で、彼らが目にしたものは―。


TUTAYAにあったよと聞いたので、早速借りてきました♪
英語版は全部レンタル中、泣く泣く(?)日本語吹き替え版を借りて、実家で妹と母・小太郎君(注:トイプードルです)、ほうじ茶とお煎餅を用意して見ました。
感想は3人とも一致(珍しい!)、面白いね、でした。

いやー、表面上はディズニーランドっぽくて子供向けに見えるけど、本質はブラック&シニカルで私は好きだなぁ(^^)
ウンバ・ルンバのシーンとリスのシーンが気に入った!
あとですね、「2001年宇宙の旅」ファンの私としてはですね、ぃやっほーっ!!ですよ。
まさかまさか、アレがあーなってこーなって、あんな事に!
ディープ・パープルらしきシーンもふふふのふです(^^)

工場主ウィリー・ウォンカ、もし日本でリメークなどする事があったら、ローリー(寺西)以外、いないよなぁ、と思うローリーファンの私と妹でした。
[PR]
by ryuka0514 | 2006-02-20 15:11 | その他

ポスト「電車男」

ポスト「電車男」に「実現男」がキター。昨年、ネットで話題沸騰となり小説からテレビ、映画でもメガヒットを飛ばした「電車男」。今年もまたネット上でブレーク寸前の「男」がいる。「必ず週1回やる!」がモットーの、その名も「実現男」。

「実現男」とは1週間に1回、ある決められたお題を実現する男のこと。実現の様子を自分のブログで公開し、見る人にパワーを与えるという目的で昨年11月末にスタートし、19日現在でアクセス数は1万8000件を突破。笑顔がさわやかすぎる濃いキャラの男が、体を張ってくだらないことに挑戦する趣向がウケている。

これだけを挙げれば「実現男って単なるバカ?」と思われるが、そう簡単なものではない。現実の後藤さんは東大法学部から、通産省(現経産省)に入省。つまり「日本最高学府から霞ケ関」という常人が考え得る最強のエリートコースを突っ切ってきた。「世の中のけしからん仕組みを変えてやる」と行政改革に着手。小泉改革の特色のひとつである「構造改革特区」(入浴中にひらめいたという)などを実現してきた。
 昨年7月に「霞ケ関では世間の端っこしか見えない」と一念発起して経産省を辞職。今後は「ズバリ政治家を目指す」という。その前に「民の部分も知らなければ」と、現在は民間会社に勤務。中小企業向けの経営コンサルタントなどを手掛け、全国を飛び回る。

 「実現男は僕自身の『頭の民営化』。楽しくてウキウキする」と笑う後藤さん。「ホリエモンも倒れちゃった今、日本にはかっこいい人がいない」と嘆くが、「オレは圧倒的に強い、かっこいいヒーローになる!!」実現男は、究極の実現を目指す。
詳しい模様は近日アップ予定の「実現男のブログ」(http://jitsugen.jp/)をご覧頂きたい。


いいね!いいね!!い~ねっ!!!
こーゆー人が日本には少ないのよ~~!!
いよっ!待ってました~~~♪ぱちぱち!
応援しちゃうよ、私はっ(^^)b
[PR]
by ryuka0514 | 2006-02-20 12:04 | exciteニュース他
見つけました!しかも我が家の近所のスーパーで!!
粋なネーミングです(^^)b
確か300円ぐらいでしたが、これはもう迷わずにGetでしたね(^^)
豆乳にお豆腐が入ってる?お豆腐に豆乳が掛かってる?状態で、豆の味が濃厚でうまうまでした♪
私の大好きな町田の「月の雫」と同じだぁ~♪
これでわざわざ車で、町田まで買いに行く手間と時間とガソリン代が省けるってモンですよ~。一石三鳥です(^^)
b0018957_10354955.jpg


男前豆腐店
http://otokomae.jp/index-pc.html
[PR]
by ryuka0514 | 2006-02-20 10:36 | その他