会社員(今はパート)で主婦でライダーで寝たきりの母の介護をしている、旅行&釣り好きの龍華のつれづれ日記。相棒はINTRUDER800。あー、魚釣りたい。


by ryuka0514
カレンダー

<   2009年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

もらう人が喜んでこそのプレゼントは、高い安いに関係なく、その人の心に深く刻まれるかどうかがポイント。単純に欲しがっているモノを渡すのが無難なところではあるが、モノをあげるばかりがプレゼントではない。米国のある青年は先日、友人たちから贈られた“クリスマスプレゼント”に、驚きながらも笑いが止まらなくなった。その“プレゼント”は、自分の家の所有物。正確には、家にあったほとんどのモノ(家具から小物類に至るまで)が、友人の手によってきれいにラッピングされてしまい、家の中は“プレゼント”だらけの状態に。ラッピングされたモノに囲まれた男性はただ笑うしかなく、その様子を映した動画がYouTubeにも投稿されている。

米紙シカゴ・サンタイムズによると、シカゴ在住のルイス・サンダースさんが旅行に出かける前に、友人のアダル・リファイさんに頼まれて家の鍵を渡したのが話の始まり。サンダースさんの部屋に「何かいたずらをしてしまおう」と考えていたリファイさんは、鍵を預かると早速仲間のブレット・ライオンズさんに相談を持ちかけた。すると、ライオンズさんは「家の中の物すべてを、クリスマス用の包装紙で包んでしまおう」と提案。サンダースさんが出かけている間に仕上げるため、リファイさんはさらに仲間を呼び集めた。

総勢16人で35本もの包装紙を使い、8時間かけてでき上がった部屋の様子は、「Christmas Prank On Louie」(http://www.youtube.com/watch?v=afreOsPe83M)という動画で確認できる。テーブルに置かれた小物類はもちろんのこと、テーブルチェアやソファー、テレビ、パソコン、壁にかけられた時計からカーテンまでもラッピング。トイレは便座や鏡、シャンプーなども1つ1つ丁寧に包まれ、壁に掛けられたタオルや、床に敷かれたマットも包まれた。ほかにもラッピングされた冷蔵庫を開けると、そこには包装紙に包まれた食品の数々。徹底した仕事ぶりは、動画を見ているだけでも思わずニヤリとしてしまうほどだ。

この作業を終えたリファイさんらは彼の反応を見たくて家で待っていたそうだが、なかなか帰宅しなかったため、サンダースさんの彼女に計画を打ち明けた上で撮影を依頼。その動画は「Louie's Reaction!」(http://www.youtube.com/watch?v=XvoYm3psHgs)のタイトルで、やはりYouTubeに投稿されている。

ラッピングされた郵便受けから、一通ずつラッピングされた郵便物を取り出し、軽く驚きと笑いを見せるサンダースさん。緑色の包装紙で覆われた玄関のドアを見て、笑いは一段と大きくなったが、本当に驚くのはその後だった。電気をつけて明るくなった部屋の中を見て「Oh my god!」を連発する。

笑い声は絶えることなく続き、一通り家の中を見回したサンダースさんは、ラッピングされたソファーに腰を下ろした。何とも柔らかさを感じない紙の音に、もう一度彼女の大きな笑い声が響く――。

このいたずらはサンダースさんの旅行に合わせて行われたせいか、実際には10日ほど早いクリスマスプレゼントとなったようだが、プレゼントの効果はなかなか消えないようで、12月24日時点ではまだ「90%の物がまだ包まれたまま」(シカゴ・サンタイムズ紙より)だという。

いたずらされたサンダースさんは、ぜひリベンジしたいと考えているようで、仕掛けた側のリファイさんは同じ目に遭わないかと警戒している。結局、サンダースさんは今年のクリスマスリベンジは断念したが、ちゃんとしたクリスマスプレゼントをリファイさんに用意。もちろん、そのプレゼントには家に大量に残された包装紙をきっちり利用したそうだ。




好きー!好きー!!
こーゆーいたずら
だ~い好きっヽ(*≧∇≦*)ノ

は~、やりたい。
[PR]
by ryuka0514 | 2009-12-30 20:48 | exciteニュース他
メリークリスマス! みなさんの元には、ちゃんとサンタさんは来てくれましたか? それとも逆にプレゼントをあげる方でしたか?

 そんなわけで本日は、クリスマスにちなんでこんな動画を紹介してみます。タイトルは「Wiiでありえないぐらい喜ぶ子供たち」。もう説明はいりませんよね。何も言わず、とにかく動画をご覧下さい。

 いやもう、なんでしょうか。ホントにありえないくらい喜んでます。

 タイトルのとおり、動画はWiiをもらって喜んでいる子供たちの映像を編集してつなぎ合わせたものですが、とにかく喜びかたがありえない。

 「オーマイガーー! イェー! ウィー! イエーーーア! フォアァァアアーーー!」などと叫びながら、いきなり着ていた服を脱いでぶるんぶん振り回し始める子供、喜びのあまりイスから転げ落ち、「オヴェーーーーイ! マァールィオォォーーーウ!」と意味不明な言葉を発しながらゴロゴロと床を転げ回る子供、いきなりお父さんに抱きついて「アイ ラブ ユー! ンマ! ンマ! ンマ!(キスの音)」と、喜びのキスを浴びせまくる子供、「ウィ-! キャァァァァアア!」と金切り声をあげながら走り去っていきそのまま壁に激突する子供……。これだけ喜んでもらえるなら、プレゼントする方もきっとうれしかったでしょうね。

 もらう方も、あげる方も幸せになれるのがクリスマスプレゼント。子供の笑顔っていいなと思わせてくれる、心温まる動画でした。



我が家にはサンタさんは来てくれませんでした・・・・
私もWii欲しいな~。
っちゅーか、甥っ子!Wiiマリオプレゼントしたからやらせておくれっ(>_<)

個人的には一番最後の子供が良かったな~。
見てるこっちも涙目に(^^;)
[PR]
by ryuka0514 | 2009-12-28 21:00 | exciteニュース他

わかりません

前から気になっていたんですけどね、ビーターとターナー。
b0018957_23584538.jpg

ちなみに右がターナー(TURNER)で左がビーター(BEATER)。
ターナーは日本名でフライ返し。
じゃ、ビーターは?と思ったんだけど、日本ではこっちもフライ返しらしい。

ちなみに、日本で言うビーターは外国ではバタービーター(BATTER-BEATER)と呼ばれ、ケーキなどを作る時に、ボールの中でバターを潰したり叩いたりするらしい。
ほほう・・・・でも日本人でちゃんとこの用途に使ってる人、いるのかな?

・・・・つまり、使えりゃいいじゃん、どっちでも。と思うのは私だけでしょうか?
[PR]
by ryuka0514 | 2009-12-28 00:05 | その他

夢を見ました。
・・・って結構いつもの事ですが。
でも私の夢はフルカラー、味と匂い付きです。

内容はですね、よゐこが私の希望を叶えてくれると言うのです。
濱口君ですよ、濱口君っO(≧▽≦)O ワーイ♪
この濱口君、長袖のTシャツにジーンズという出で立ち。
対する有野君は0円生活の時の、赤の長袖Tシャツに白のTシャツ、ジーンズに麦藁帽子。
そして、もう1人。
女性でした。
むむ・・・・これはもしかしたらよゐこ部ではないか?

それはそうと、希望。
私の希望はなんと、甲州街道沿いにある国領神社の満開の千年乃藤を見たいと言うものでした。
ああ、昔は毎年見てたのに、もう15年ちかく見て無いんだな~。だからかな~・・・なんて思ったり。

そんなこんなで(?)国領神社へ着いたらですね、濱口君が私の手を引き、藤棚の下へと連れて行ってくれ「どや?見事やろ!」と、ちょっと自慢げに話しかけてくれました。
それは本当に見事としか言いようが無く、嬉しげに見ていると甘い香りが漂う中、柔らかな風がさ~っと吹いてきて花びらが舞い、辺り一面薄紫色の世界になりました。

そこで目が覚めたのですが、何ともまぁ良い夢でした(^^)
メルヘンですよ、メルヘン。(多分・・・)
[PR]
by ryuka0514 | 2009-12-23 00:16 | その他
南アメリカのアマゾン地方には、広大な熱帯雨林全域に水分を運ぶ湿潤な気流、“空飛ぶ川(flying river)”が存在する。しかしデンマークのコペンハーゲンで先週開催されたCOP15で発表された報告によると、この川が干上がる恐れがあるという。地球温暖化を抑制する働きがあるアマゾンの熱帯雨林に悪影響が出る可能性がある。

 アマゾン地方では現在、気候変動を主因とする気温上昇により、乾燥したサバンナが拡大しつつあり、ブラジルの農業やエネルギー産業にとって死活問題となる水循環に乱れが生じ始めている。

 森林の減少もその一因だ。木材生産や農地拡大のためにブラジルで熱帯雨林の伐採が進み、“空飛ぶ川”を生みだす水蒸気の放出源となる木が少なくなっている。

 最近までは、アマゾン熱帯雨林の喪失は、二酸化炭素(CO2)など、地球温暖化の根本原因となる温室効果ガスを閉じ込める役割と結び付けて論じられることが多かった。

 しかし湿潤気流の実態と役割について調査を続ける「フライング・リバー・プロジェクト(Flying Rivers Project)」創設者の1人でエンジニアのジェラルド・モス(Gerard Moss)氏は次のように話す。「たいていの人はアマゾンを“世界の肺“、つまりCO2の回収装置として考えている。しかしアマゾン盆地は、巨大な送水ポンプでもある。雨は最も貴重な財産なのだ」。

 同氏はCOP15でプロジェクトに関する記者発表を行っている。「“空飛ぶ川”は、アマゾン川とほぼ同じ水量を運ぶと考えられる。巨大な降水装置であり、保護する必要がある」。

 アマゾン地方は淡水に恵まれた地域だ。世界で最も降水量が多く、空から降り注ぐ水は年間1万5400立方キロ(154兆トン)に達する。第2位のロシアでも年間降水量は7800立方キロ(78兆トン)である。

 フライング・リバー・プロジェクトでは、アマゾンの降雨を専門とする農学者、エネーアス・サラティ(Eneas Salati)氏を中心に、アマゾン熱帯雨林の水分放出量を算出した。それによると、熱帯雨林の中心部にある大木1本で、1日に最大300リットルの水分を放出するという。

 木は根から水を吸い上げ、水分の一部を再び大気中に放出(蒸散)する。「蒸発散」と呼ばれるプロセスだ。

 前出のモス氏は2003年以降、小型飛行機でブラジル上空の“空飛ぶ川”の中を飛び、水蒸気のサンプルを収集している。集めた水蒸気は、ブラジルのサンパウロ州ピラシカバにある農業利用原子力エネルギーセンター(CENA:Centro de Energia Nuclear na Agricultura)で、化学的なフットプリント(痕跡)が解析される。

 このプロジェクトの目標は水源の特定と、広大なアマゾン盆地全域に水分を運ぶ気流の経路の解明である。例えば、1980年代にサラティ氏が行った研究により、アマゾンの降雨の半分以上が木から発散された水分が基になっていると判明した。残りは地表水面から立ち昇る水蒸気が占める。

 最近モス氏は、7日間かけて1本の“空飛ぶ川”の移動経路をたどった。終端は大都市サンパウロまで到達したという。その結果、湿潤気流が運ぶ水量は1秒間に3200立方メートル(3200トン)にも及ぶことがわかった。主要河川とほぼ同じ量である。

 ベルギーにあるルーヴェン・カトリック大学の天文学・地球物理学研究所に所属するヘレーネ・ムリ(Helene Muri)氏は、次のように話す。「ブラジルの熱帯雨林が保持する水分は、南アメリカの雨量を維持する上で非常に重要だ。特に冬の雨季に与える影響は大きい。木が切り倒されると、“空飛ぶ川”のメカニズムを通じて降水量が減ることもあり得る。植生に変化があると、その地の“水収支”が影響を受け、渇水状況が生まれる場合がある。農業や産業も影響を受けるだろう」。

 前出のモス氏は、「“空飛ぶ川”が干上がったら、ブラジル経済は衰退していくだろう」とも話す。例えばアマゾン地方が誇る豊かな土壌、ブラジルのマットグロッソ州も、作物の育成はアマゾンの降雨に全面的に依存している。灌漑(かんがい)がほとんど不要という点が、この地の農産業に大きな恩恵をもたらしているのだ。

 モス氏は次のように続ける。「雨が降るのが当たり前だと思われており、どれほど恵まれたことなのか十分に理解されていない。ブラジルのエネルギーはその80%が水力発電に由来するものであり、小雨が続けば影響は甚大だ」。

 ただし熱帯雨林の保護意識は、ブラジルの一般市民の間にも広く浸透しており、モス氏はそこに期待をかける。「アマゾンで育つすべての樹木がブラジル南部の繁栄と結びついているという理解がだいぶ広がってきた」。

 フライング・リバー・プロジェクトは、ブラジル環境省水資源庁(ANA)と同国の石油会社ペトロブラスから支援を受けている。

Christine Dell'Amore in Copenhagen for National Geographic News



ひぃ~~~っΣ( ̄Д ̄;)
[PR]
by ryuka0514 | 2009-12-21 22:37 | exciteニュース他
ご、ごめん・・・・!!
鳥人より笑った。死ぬかと思った!
これだけ期待に応えられる人って、いないと思う。
アメリカの釣り番組 ビル・ダンス氏のハプニング集

「1968年から放送開始し40年以上経った今でも愛され続けている長寿番組です」という説明文とともに、アメリカで人気の釣り番組『Bill Dance Outdoors』のダイジェスト動画が、動画共有サイト『ニコニコ動画』に掲載されています。この釣り番組はプロの釣り人であるビル・ダンス氏が出演しており、日本では考えられませんが40年以上も番組が続いているのだそうです。日本の『笑っていいとも!』の放送開始より、はるか昔から放送しているわけです!

どうしてそんなに長寿番組でいられるのでしょうか? 失礼ながら釣り番組ってけっこう地味なのに不思議です……。その答えは動画のなかにありました。確かに、こんな釣り番組だったら絶対に毎週観たくなる! この釣り番組はいたってマジメな釣り情報や釣りテクニックの番組なのですが、とにかくトラブルが多いんです。あまりにNGが多く、NG集のダイジェストを作って放送したほどで、ビル・ダンス氏はもちろんのこと、スタッフもアホ(失礼!)なドジばかりしています。

どんなドジをしているのかといえば、まるで漫画のようなドジばかり。池に落ちる、ボートが勝手にどこかに行ってしまう、鳥に糞をかけられる、鳥に襲われる、ルアーが足に刺さる、ルアーが鼻に刺さる、カメラと衝突する、釣竿が折れる、釣竿を魚に持っていかれる、ボートのモーターエンジンが暴走する、椅子に座ったら壊れる……などなど、まさにお約束のNGシーンだらけなのです(ヤラセではないようです)。

普通の釣り人でさえなかなかそんなミスはしない……。そういうNGばかりをしているビル・ダンス氏や『Bill Dance Outdoors』のスタッフにはもう少し注意をして撮影に挑んでほしいものですが、そんなミス連発の番組だからこそ、人気の長寿番組として続いているのかもしれませんね。そのユルさが長寿の秘訣! かも?

[PR]
by ryuka0514 | 2009-12-20 23:05 | その他

M-1グランプリ

を、初めて見ました。
実家で父が巨大マグロを見ていたので、妹が見せてと来たのです。
うん、普段の私ならマグロだなー。イッテQは録画してるし。
でも今日はナイツと笑い飯がでると言うので見てました。
殆どお笑いを見ない私ですが、ナイツと笑い飯はわかります。好きな部類です。

で。
笑い飯の髪の長い方、結構好みですなー♪
西田幸治さんと言うのですね。今日知りました。
もやしもんの美里 薫にそっくりで、初めて見た時「うわ!美里やんだ~!わー、動いてるー!!」と、1人ほくそ笑んでしまいましたよ。
それから何となく好き(^^;)
今日の鳥人ネタ、超面白かった!
[PR]
by ryuka0514 | 2009-12-20 22:10 | その他
 放送17年目を迎える長寿人気アニメ『忍たま乱太郎』(NHK)が本格忍者ミュージカル『ミュージカル 忍たま乱太郎』として、東京ドームシティシアターGロッソにて2010年1月13日より上演される。本作では忍術学園の六年生を主役に据え、そのキャストのビジュアルも話題だが、本編の主人公・乱太郎をはじめとする一年生を演じるキャストたちも、そのなりきり具合が注目の的となっている。

 猪名寺乱太郎、摂津のきり丸、福富しんべヱらの一年生3人組はそれぞれダブルキャストで、6人のキャストが演じているが、それぞれのなりきり具合が早くも評判になっており、特にしんべヱ役は「激似」との声が上がっている。

 物語は六年生中心に展開する予定だが、本家主人公の活躍も見逃せない。『ミュージカル忍たま乱太郎』の公演は東京ドームシティシアターGロッソにて2010年1月13日~24日まで。

■ミュージカル『忍たま乱太郎』あらすじ
忍術学園一年生の乱太郎、きり丸、しんべヱは今日も山田先生に起こされて、朝ごはんもそこそこに「抜き打ちオリエンテーリング」に出かけることになった。その途中、しんべヱは謎の「大きなりゅう」を見つける。一方、卒業準備中の六年生は相変わらず息が合わずにいさかいばかり。食満(けま)留三郎と潮江文次郎がにらみあっているところに、乱太郎たちがドクタケ忍者にさらわれたとの知らせが入った!学園長から「乱太郎達を助け出せ」という命を受けた彼らはドクタケ城へと一路向かうが、しかし、いつもと違うドクタケ忍者の忍術に行く手を阻まれて進むことができない。きびしいたたかいに挑む六年生は、乱太郎達を助けることができるのか?

b0018957_22113953.jpg


おお?!可愛いじゃないですか、しんべヱ♪
実は、結構好きです、忍たま(^^)
休日に家事の合間にTVをつけてやってると、ついつい見ちゃいますね。
でも誰が好きかと言われてもキャラの名前をあまり知らないので誰と言えませんが。全体的に好きです。
・・・・あ!食堂のおばちゃん!

先日こんなニュースを見たばかりで、忍たまって今結構話題作なのかしら?


 人気テレビアニメ「忍たま乱太郎」のキャラクターの名前と同じ地名を目当てに、 若い女性らが次々に兵庫県尼崎市を訪れている。
市内各地で、地名が記された公園などを訪れて銘板の写真を撮ったり、神社で絵馬にキャラクターを描いたり。
地名に愛着を覚える〈地名萌(も)え〉はインターネット上でブームになっているとされ、 降ってわいたような現象に、関係者は戸惑いながらも「新たな観光のきっかけになれば」と期待も高まっている。

 アニメは同市在住の尼子騒兵衛さんの漫画が原作。忍術学園で学ぶ忍者のタマゴたちの物語で、 1993年からNHKで放映している。多くのキャラクターの名前に、猪名寺、下坂部、富松(とまつ)、 久々知(くくち)、潮江(しおえ)、立花、七松(ななまつ)、食満(けま)など市内の地名が使われている。

 同市七松町の七松八幡神社では昨年8月頃から、若い女性が数人で訪れ、 神社名が記された数種類のお守りのうち、緑色だけを買っていくように。
不思議に思った宮本聖士宮司が尋ねたところ、女性らは「忍たま」のファンで、 キャラクターの「七松小平太」が緑の衣装を着ているため選んでいたとわかった。

 訪れるのは10歳代半ばから20歳代が中心。ファンがネット上のブログに訪問記を書き、広まったらしい。
ネットを通じて知り合った数人で訪れるケースが多く、市内各地を歩いて「潮江公園」「七松小学校」など 地名が書かれた道路標識やバス停、駅などの写真を撮って帰るという。

 同神社では今年に入り、1か月に約100人が訪れたこともあり、案内用に市内地図を配り始めた。
社務所で数時間かけて絵馬にキャラクターを描くファンもいて、境内はこうした絵馬約100点がずらり。

 ネットで話題になっているのを知り、同神社を訪れた大阪市の高校1年の女子生徒(15)は 「地図で地名を見ただけでも『ここから名付けたのか』と感動する。来られてうれしい」と興奮気味。
10回以上訪れたという宝塚市の高校3年の女子生徒(17)も「尼崎の地名を聞くだけでテンションが上がる」と説明する。

 ファンの“聖地”になっている同神社は尼子さんに依頼し、5月から七松小平太を描いた絵馬を用意。
宮本宮司は「いまだに『なぜ』という思いはあるが、普段は閑散とした神社に参拝し喜んでもらえるだけでうれしい」と話す。

 尼子さんは「尼崎は古い歴史を感じさせる地名が多く、キャラクターの名前で残せればと名付けた。
尼崎に遠くから来てくれるのは新鮮で、いろんな場所に訪れてもらえれば」と期待していた。

 法政大社会学部の稲増龍夫教授(メディア文化論)の話「現実の実感が薄れてアニメに走る人が、 そこの世界の重みが増すにつれ、リアルなものとの接点を求めたくなるのだろう。
コスプレなどもその表れだが、かすかな手がかりで土地を巡るとは、ここまで来たかという思いだ」



・・・・・私だったら魔界とかL2コロニーに行きたいなー。
[PR]
by ryuka0514 | 2009-12-19 14:54 | exciteニュース他

あまりにもショックで

今日、かなり風邪も良くなったので、なくなりそうな咳止めの補充をしに内科へ。
その後、月1で通っている婦人科へ。
この先生とはもう20年以上のお付き合いが。
当時、大病院に通院していたのですが、何度も薬出せ・担当医を変えろと言ったのにもかかわらず治療と呼べる治療を受けられずにいた私。

えーとですね。
過多月経過長月経+不正出血です。
しかもかなり大量の。しかも365日年中無休24時間フル稼働。まさに大出血サービス。
高校の時ぐらいから始まり、貧血が進みまして。
そりゃそーだよねぇ、血、垂れ流しだもん。
でも「まだ成長期だし、様子見ましょう」で月1通院なのに数年放置プレイ(--)
大学に通う頃には1人で出歩くのが困難なぐらいにまで悪化。
駅で友人達と待ち合わせして電車の席を取ってもらって座って、駅から学校まで休憩を挟まないと辿り着けないような。
大学の授業は殆ど寝てたですよ。授業料高かったのに、すまん、親(^^;)

具体的にはですね。
その1.超低血圧
上68・下48。
体調が悪いと上は50台まで下がりました。
マラソンなどさせられた日にゃ、血圧の差が無くなり脈拍だけが倍増。そして気絶。
これって今考えると心室細動のような?
よく生き延びたよなー、私。・・・って、これ幼稚園の頃からだ~(^^;)
おまけに胃も大変弱かったから小中学校の時は保健室の住人と呼ばれ、特に体育の後は必ず保健室→親が呼び出されて私を回収の黄金パターンですよ。

その2.超低体温
かろうじて今日は34.0℃あったよー、な日々。
体温が1℃下がると、免疫力低下・基礎代謝低下・体内酵素活性の低下とか言って病気になりやすいみたいですが。
確かに、弱かった。月に何度も寝込んでましたもん(--)
でも朝はちゃんと起きられましたけど?
ちなみに33℃は死の淵らしく(^^;)

その3.超貧血
もう詳しい事は忘れましたが、なんでも私は赤血球が小さい上に数も半分近くで、ヘモグロビンもやたら少なかったそうで。
昔、献血の時に比重を計るのにブルーの液体に血をポチョンとやったの覚えてますか?
あれの一番比重の軽いのに私の血を落としても、表面にぷかっと浮くだけ。殆ど水と変わらないってか・・・。
ま、小3の時に隣に座ってたヤツに右手親指付け根にいきなり彫刻刀をぶっ刺され、血柱が吹き上げたのですが、その血があまりにも薄くって安っぽいオレンジジュースの様な色で、私自身暫くの間「これ何?」と気付かなかった位ですから。
その後、治療を続けたのですが、OKが出て薬を飲まなくなると数日で元通りになり、それを何度も繰り返したら医者に「もう来なくていい」と(^^;)

まー、それでも普通に(か?)生活してましたが、大学1年の夏辺りかな?中学の同級生にばったりと会いまして。
お茶しながら色々と話していたら先生を紹介してくれて、そのまま病院へ行った様な。
結果。
卵巣機能不全
とにかく左の卵巣は機能してないし、右は普通3~4cmで親指大とかそら豆位の大きさなはずなのに炎症を起こし、握り拳大に腫れ上がってたらしい。
それと先生もまれに見る出血量だったらしく、すぐに止血等々処置されて、一言。
「あなた、棺おけに首まで突っ込んでたわよ」∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!
某大病院に通ってたのに何もしてくれなかったと言ったら、大変激怒しておりました。
まだ若いから手術は避けて、時間が掛かるけど西洋薬と漢方薬で治していきましょうと、そして鍼を薦めてくれたのも実は先生。
ここから長いお付き合いが始まったのです。

が。
年々上がり続け、そして上がったら下がらない家賃(とてもアクセスの良い場所なのです)と古希を過ぎ、数年前に医者だった旦那様を亡くされた等々、病院を閉める事を決意されたそうで。
せ、先生~~~っっっ!!私、これからどこに行けばいいの~~~~っ(T^T)

チッ・・・大家め(-_-メ;)テメ・・・

でも今、こうして健康に暮らしていけるのは先生のお陰なのです。
本当にほんと~~~~~にありがとうございました。
これからもお元気で・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!!
[PR]
by ryuka0514 | 2009-12-18 17:31 | その他

インフルエンザ疑惑

・・・・が掛けられてました、わたくし。
10月末に季節性の予防接種したんだけどねぇ(--)

妹が鼻風邪を引き、くしゃみ・咳・喉の痛み・鼻水・痰と、まぁ、フルコースで。
それがうつっちゃったみたいです。
日曜の夕方から喉が痛くなり・・・でも私の場合はそこに熱がプラスされ。

月曜に事務所へ休みの連絡。
これからの時期、税理士事務所では風邪はご法度なのです(--)
日中は布団の中でぼへぼへと温い時間を過ごし、夜、何気なく体温を計ったら38.5℃でして。
「あら?熱がある?」と思い冷えピタを首の後ろとおでこに貼り付け就寝。
数時間して目が覚めて、トイレついでに体温を計ったら39℃になっちょりました。
ん~・・・・?寝てる間にもっと出てた様な。
だって冷えピタ、10時間用なのにカリカリに縮んでたよ?
まるでホカロンみたいに温かかったよ?
もう一度貼りなおして就寝。
ちなみに、私の最高記録は41.8℃です。
あの時は目を開いていても、一面霞掛かった花畑でしたよ、ええ、本当に。
遠くに川も見えた様な・・・

翌朝、妹にインフルエンザじゃないのと言われ、一応病院へ行く事に。
あー、この日も仕事お休みですよ(ーー;)
ちなみに既に平熱でしたが、39℃の熱が出たと言ったら、案の定インフルエンザ検査でした。
これで反応がでたら、私、新型?とか思いつつ、待つ事10分(くらい)。
検査結果が出ました。はい、違いまーす。
でも先生は怪しいと見たのか、また熱が出るようだったら明日また検査しましょうと。

まー、この日の夕方からまた熱出たんですけどね、38.5℃。
いつものことですから。
私、頭痛さえなければ熱だけなら39℃でも普通に仕事も家事もできますので。
で、先生の出してくれてた解熱剤1回飲んで、ハイ終わり。

あーとーはー・・・・咳と鼻水なのですが・・・・
喘息になってから咳が治るの遅くなったですよ(--)
お陰で事務所から「今週は仕事休み!」と言われちゃいました。
あああ・・・・お札が逃げて行く~~~ !!私のお小遣いがぁ~~(T^T)
社員なら有給ですが、パートですから。
時給の痛い所ですね。

さて・・・・週末には治ってるんだろうか?
っちゅーか、いい加減治ってくれぃ。
もう、咳する度に血の味だじょ(--;)
[PR]
by ryuka0514 | 2009-12-17 18:30 | 健康