会社員(今はパート)で主婦でライダーで寝たきりの母の介護をしている、旅行&釣り好きの龍華のつれづれ日記。相棒はINTRUDER800。あー、魚釣りたい。


by ryuka0514
カレンダー

<   2010年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

毎日じめじめうっとーしーですね。
我が家ではエアコンが壊れましたよ、エアコンが。
しかも私の部屋の。

夫の部屋のエアコンは昨年から壊れていたのですが、汚部屋で修理の人を呼ぶのが憚れて、放置。
うん、まぁ、自業自得です。
でも私の部屋もですからねぇ。
ネズミ(しつこいですが、正式にはハムスター)がばててしまうので、2台一緒に直してもらおうと。
(注:人間は二の次)

したらばですね。
両方とも基盤がイカレてるとの事。基盤1枚で3万ちょっとらしいです・・・・・。
んでもって、「カビは大敵」と、エアコン洗浄なんかも頼んじゃったから、一体いくらになるのか・・・・(T^T)

お札に羽根が・・・っちゅーか、ジェットスクランダーと合体しちゃったよーな気分です(--;;)
あああ。
[PR]
by ryuka0514 | 2010-06-29 22:56 | その他

いいちこ

いい仕事してるな~って、いつも思う。
結構、好き。
いや、かなり好きかも。
b0018957_1485014.jpg


iichiko
[PR]
by ryuka0514 | 2010-06-25 01:50 | その他
2010年6月22日 11時0分 (ギズモード・ジャパン)
7月24日の一般公開を前に、完成しましたよ!

あ~、午後からかなぁと思いつつ、
ロータリーから国道1号へ出ようとすると、
なにやら歩道がザワザワ。
歩道へも人が出てきますので、
そちらへ目を向けると・・・!!!
なんと、数十秒前まで、
何もなかった首無しガンダム上部に、
頭部が吊り上げられつつあります。

この貴重な映像は@macchan22さんが収めました!




思わずビデオを縦位置でとってしまうくらいの動揺っぷりが伝わってきて、臨場感がありますね。貴重な映像ありがとうございます。

公開がいよいよになってきて、ますます楽しみになってきました。



・・・・・・。
パイルダーオンって時点で、もうガンダムじゃないと思うんだけど。
[PR]
by ryuka0514 | 2010-06-24 01:21 | exciteニュース他

ハイサイド

ねー、ねー、ねーー!!
今年のMotoGP、ハイサイド多くない?!
[PR]
by ryuka0514 | 2010-06-22 01:23 | その他

何を基準に

最近、色んなメーカーから女性用速乾肌着も発売されてますが。
うん、欲しいよねぇ。
毎年汗疹だらけになる私は、夫のクールマックスが羨ましかったもん。

でも。
表示の仕方はLLだったりXLだったりだけど、それでも一番でかいサイズでバスト98cmってどうよ?!

世の中、デブの方が汗かきなのは当たり前でしょ!!
だったらもっと大きなサイズを作れ!
デブをなめたらあかーーーーんっ!!きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

ま、履いて歩くだけで痩せるガードルとか、サウナスーツとか。
本当に痩せなきゃいけない人用のサイズって、デブ用カタログでも見かけないよな。
それが、事実。
[PR]
by ryuka0514 | 2010-06-19 00:41 | その他

ガンダム 飛びます!!

 全日本空輸は15日、アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル(ガンプラ)発売30周年を記念して7月16日から「ANA×GUNDAMジェット」を就航させると発表した。ボーイング777-300型機の機体をガンダムの母艦でもあるホワイトベースに見立て、機体側面に実物大のガンダムがデザインされる。また、7月1日からは、全日空グループの旅客便利用者を対象にANAオリジナルカラーのガンプラを機内限定で販売受け付けするなどのキャンペーンも展開する。

 ガンダム・ジェットの就航やオリジナル・ガンプラの販売は、ガンプラを製造・販売する玩具大手バンダイなどと共同で7月1日から実施する「ANA×ガンダム・スカイ・プロジェクト」の一環として実施されることになった。

 ガンダム・ジェットには、左舷にガンダムの頭部、右舷にホワイトベースに格納されたイメージのガンダムがデザインされる。実際のスケールにすることで、リアルなガンダムを再現したという。初便は16日運航するANA25便(羽田-大阪)を予定。初便搭乗者には、オリジナル搭乗証明書を発行する。就航は来年3月末まで。

 また、ANAオリジナルカラーのガンプラは、144分の1スケール(国内線のみ3000円)、48分の1スケール(国内、国際線8500円)の2種類を用意。胴体や盾などが全日空カラーのトリトンブルーとモヒカンブルーに塗装されている。購入希望者に機内で専用の申し込みはがきを1人につき1枚を配布する。



「機体をホワイトベースに見立てる」とな?!
左舷、弱いぞ!!
座席取るなら右舷にしろ!

まぁ、パイロットはじめクルー達があの制服を着てたら、記念に乗ってもいいと思う。
プラモの事はよくわからないけど、ANAのイメージカラーが綺麗だからか、私的には違和感無し。
ANAのHP
[PR]
by ryuka0514 | 2010-06-18 00:55 | exciteニュース他
やれダイエットだ、やれカロリーオフだと、世の中はとにかく痩せたがる女子だらけ。そんな多くの"痩せたガール"を尻目に、「ぽっちゃりしているのも個性のうち!」とぽっちゃりさんたちがイキイキと働くのが、東京・秋葉原のぽっちゃりメイドカフェ『ぽメらにあん』。この店のメイドさんは、BMI値25以上のぽっちゃりさんだけ! オープンは2007年ですが、お店として毎日営業しているわけではなく、月1~2回のペースでイベントとして開催。そこで、31回目の開催となる5月29日(土)に潜入してきました。

 店に入るなり、目の前に広がるのはたくさんのぽっちゃりメイド(=ぽメイド)さんたちの姿。圧巻です。"それくらいのふくよかさならカワイイものよ"レベルから、"それは健康的には問題ないのかしら?"レベルまで、実にさまざま。こんなにたくさんのぽっちゃり女子を一度に拝めることなどなかなかありません。

 ちなみに、その日は小雨で少し肌寒かったにもかかわらず、店内はクーラーがガンガンにきいていました。このあたりは、ぽっちゃり仕様なのでしょうか。ぽメイドさんたちは、少しも寒さに震える様子を見せず、キビキビとご主人様・お嬢様にお給仕しています。

 ぽメイドには、それぞれ"ぽっちゃり度"が星1つ~星5つでランク付けされているそうで、お店一番のぽっちゃりを誇るあげはさんは、「私がこの店で一番......いえ、アキバで一番のぽっちゃりです! 本来は星5つが最高のところ、私は規格外ということで、唯一星6つなんですよ! メイド服も特注です」と自慢気。"ぽっちゃり度"が星4つくらいだと、通常のメイド服でも入るのだとのこと。とはいえ、無理矢理ねじ込んで着てるため、スカートが極端に短かったり、二の腕のお肉がむっちりはみ出していたり。ただ、そんなところも含めて、お世辞抜きにかわいい子ばかりです。常任顧問の紗厘ちゃぁんによると、「応募数は多いのですが、結構倍率は高くて、面接に通過するのは3分の1くらいです」と、厳しい選考を通過した選りすぐりのぽっちゃりさんたちなのだそう。

 メイド同士も、"服のサイズがない"、"体型のせいで恋愛でいい思いをしたことがない"など同じ悩みを抱いてきたのもあり、みんなとても仲良し。ちなみに、ぽメイド達はどこで服や下着を買っているのかと聞くと、「通販のセシールです。あそこは私の倍くらいのサイズまで売ってるんですよ。セシールはぽメイド御用達なので、ときどき買った服がかぶることもあります(笑)」(前出・あげはさん)。中には、入店当初はぽっちゃりしていたけれど、途中で痩せてしまったぽメイドさんもいて、「痩せてしまってからは、『ぽメらにあん』では人気が出ないのですが......」と他のぽメイドたちが聞いたら"裏切り者ー!"と言われそうなことをこっそりつぶやいていました。

 そして、しばらくすると店の奥に設けられたステージで、ぽメイドさんによるライブがスタート。「踊りながら歌うのは、ぽっちゃりにはしんどいのですが、頑張ります!」と、ぽメイドさん達が飛ぶわ跳ねるわ。ジャンプした瞬間、見えそうになるパンツに、ゆさゆさと揺れる巨乳。天真爛漫にステージ上を動きまわるぽメイドさんを見ているうちに、徐々にオヤジのような気持ちになってきます。あの豊満な肉の揺れに癒される......。ちなみに、前出のあげはさんは、Iカップ爆乳の持ち主。ライブの後、携帯電話やボールペンなどをIカップの谷間に挟んでいました。

 メイドカフェは数多くあれど、"ぽっちゃり"のみのメイドのお店は今までになかったということで、「そんなの流行るわけない、と周りにものすごく反対されたんですけどね(笑)」と紗厘ちゃぁん。それでも、毎回なかなかの盛況ぶりなのは、「月1~2回という開催ペースなのもあって、比較的お客さんも来てくれるんだと思います」(同)。

 お客さんは、物珍しさで来る人と常連さんの半々くらいだそうで、「8割以上が男性ですね。常連さんはぽっちゃりした女の子が好きな方ばかりで、中には毎回来て下さる方もいます」(メイド長)とのこと。常連らしきお客さんたちは、ぽメイドさんとの会話に花を咲かせ、おみやげ(おそらく飲食物)を持参するなどコミュニケーションを真から楽しんでいる様子。ぽっちゃりには人を安心させる力があるのでしょうか。人見知りな私でも、ぽメイドさんたちとはすんなり打ち解けることができた上に、服のサイズや胸のカップ等の若干失礼な質問をしても、嫌な顔ひとつせず対応してくれて感激。彼女たちの温かい対応のおかげで、クーラーで冷え切った体も、心なしか温まったような気がしたのでした。
(朝井麻由美)


自称ぽっちゃりほどいい加減かつ怖いものは無い!
それに「"ぽっちゃり度"が星4つくらいだと、通常のメイド服でも入る」ならば、そいつはぽっちゃりではない!
いや、メイド服着たことないけど。
[PR]
by ryuka0514 | 2010-06-14 00:56 | exciteニュース他
「はやぶさ」大気圏突入、60億キロの旅帰還
6月13日23時16分配信 読売新聞

拡大写真
星空を進む「はやぶさ」。天の川(左)の中にある南十字星の上で消えた=尾崎孝撮影
 
【ウーメラ(オーストラリア南部)=本間雅江】日本の小惑星探査機「はやぶさ」が13日夜、地球と太陽の距離の40倍に上る60億キロ・メートルの旅を終え、打ち上げから7年ぶりに地球へ帰還した。

 午後8時21分(日本時間午後7時51分)に試料カプセルの分離に成功し、同11時21分(同10時51分)ごろ大気圏へ突入した。

 カプセルがウーメラ(南オーストラリア州)付近で回収される可能性が高まった。

 カプセル内には、小惑星の砂が入っている可能性がある。小惑星の砂や石は、ぎゅっと固まる過程を経た惑星の岩石と違い、太陽系の初期の状態をとどめているとみられる。米アポロ計画で採取した月の石などに続く、貴重な試料として、世界の研究者の期待を集めている。

 はやぶさは、2003年5月に地球を出発。05年11月に地球から3億キロ・メートル離れた小惑星「イトカワ」に着陸し、砂などの採取を試みた。地球からは小さすぎて見えない小惑星に、正確にたどり着いて軟着陸したのは史上初だった。

 しかし、離陸後に燃料漏れで制御不能になり、通信も完全に途絶した。奇跡的に復旧し、07年に地球への帰路についたが、帰還は3年遅れとなり、劣化の激しい電池やエンジンでぎりぎりの運用が続いてきた。

 秒速5キロ・メートルで飛行していたはやぶさは、地球へ近づくにつれて重力で加速。南アジアの上空7万4000キロ・メートルに達した所で、カプセルを分離した。この後、まずカプセル、続いて本体がオーストラリア上空で大気圏に突入し、夜空に光跡を描いて落下した。月より遠い天体に着陸した探査機が、地球に帰還するのは世界でも初めて。

 本体は大気との摩擦で燃え尽きるが、カプセルは底面が断熱材で覆われており、突入の数十秒後にはパラシュートを展開して減速。位置を知らせる電波を発信しながら降下した。ウーメラ付近の砂漠に着地した模様。宇宙航空研究開発機構は、カプセルを14日にも回収。チャーター機で日本に持ち帰り、専用施設で慎重に中身を調べる。

 イトカワで試みた砂の採取は、装置が正常に作動せず、失敗した。しかし、着陸の際に舞い上がった砂煙が、カプセル内に入った可能性がある。

 はやぶさは、新技術のイオンエンジンを搭載した。のべ4万時間稼働して、小惑星へ往復する長距離の航行を完遂。日本の宇宙技術の高さを世界に示した。 最終更新:6月13日23時16分



痛みに耐えてよく頑張った! 感動した!
[PR]
by ryuka0514 | 2010-06-14 00:08 | exciteニュース他

ウーヴァとアプフェル

天然酵母PartⅣ-5のお時間~♪
今回はブドウ種で2種作りました。
大きい方はウーヴァ(イタリア・スペイン・ポルトガル語でブドウ)で、小さいのはアプフェル(ドイツ語でリンゴ)。

生地は強力粉に全粒粉を混ぜていますが、後は少量の砂糖・塩・油脂、それと千鳥酢。
とてもシンプル。
お酢にはHP調整や生地を引き締める効果があります。

ウーヴァは生地をそのまま丸めて成型して焼成、アプフェルは丸めた生地に指で穴を開けアルミのカップに乗せます。
仕上発酵後、穴にカスタードとリンゴのシロップ漬を詰めて、上にバター・グラニュー糖・薄力粉で作ったストロイゼル(そぼろ)を振りかけたら焼成して出来上がり。

ウーヴァはシンプルに粉の旨みを、アプフェルはトッピングの甘さを楽しめるうま~なパンです(^^)
b0018957_1423154.jpg

[PR]
by ryuka0514 | 2010-06-13 02:11 | お菓子・パン
さて。
本日、イントルーダーを1台、売りました。
だーって、部品取りに丸ごと1台実動車を購入したけど、全然部品取らなかったんだもの。
だったら、ちゃんと乗ってくれる人に巡り会えた方がバイクだって幸せでしょ。
バイクは、バイク。走ってナンボ。
ま~、買ってから7年、その間エンジンをかけてなかったので、バッテリーばダメで。
あとはキャブが詰まっており。
・・・不動車になっちゃうなと思いつつ、電話して来てもらったのです。

購入した時は、大阪から東京までの運賃含めて32万だったかな~?
初年度登録は平成5年。
エンブレムが無いけど、それ以外は目立つ傷も無くピッカピカの艶っつやで、メーターを見なければ中古と思えないぐらいで。
ちなみにワンオーナーで走行距離は7500km。
そして、勿論我が家でも室内保管。

担当の方は女性でしたが、イント君を見て「本当に平成5年ですか?凄く綺麗!」と大絶賛♪
そうでしょうそうでしょう(^^)
違いのわかる女、ってヤツですね。ダバダ~♪
ただ悲しいかな、イント君は、イント君の中でも赤は特にマイナー車なのです(^^;)
担当の方は「この仕事を初めてから、これで2台目ですよ。ほんっとーに珍しいです」と。
だろうなぁ。スズキの社員にも「赤、持ってんの?!」と言われたもの(^^;;)

車体を細部までチェックした後、本部に正面・真横・バック等から写真を送り、価格査定。
普段ならば5~10分もあれば金額が出るらしいのですが、30分経っても音沙汰無し。
担当者が確認の電話を入れ、それからまた暫く待ち。
さすがマイナー車、余りにも弾数が少なすぎて、判断に苦しんでいるらしい。
はっはっはっ!存分に苦しめ苦しめ(^^)

で、出てきた結果。
6万円Σ( ̄□ ̄;)
それじゃ手放せないと言うと、担当者は店舗に確認の電話を入れ、「店頭売りに、是非」と10万を提示。
部品取りにするため購入時に廃車手続きしていたから、車検の費用等々を差っ引くと、まぁそんなものかな、と手を打ちました。

近々、大田区か横浜のバイク王の店頭に真っ赤なイントルーダーVS800が並んでいたら、それはうちの子です。
話のネタにお店に入ってみるもよし、勿論購入大歓迎。
可愛がってやって下さいね(^^)
[PR]
by ryuka0514 | 2010-06-12 23:27 | バイク